インプラント治療の施術を受ける前に知っておきたいこと

納得してインプラント治療を受けるために

>

お医者さんでない患者目線の情報

歯があったころの感覚を取り戻せる

患者目線での一番のメリットは、ブリッジ、入れ歯と違って使い心地が自分の歯の感覚と一番近いことです。つまりは歯があった頃の感覚を取り戻せるわけですね。よく総入れ歯にしたお年寄りが硬いものが噛めなくなったとぼやくのを聞きます。インプラントにはそれがありません。もちろんまったく一緒というわけではなく、自然の歯には備わっているクッションみたいなものがなくなります。この部分には、噛むものの硬さを感知するセンサー(歯根膜といいます)があって微妙な調整ができるようになってます。当たり前ですが、天然の歯に勝るものはありません。とは言っても一番の目的であるしっかり噛めるということは実現できるのです。この感覚を取り戻すために選ばれるわけです。

長い目でみたときのメリット

ブリッジも入れ歯も歯がなくなっていることには変わりありません。その結果、長い目で見て何が悪いかと言うと他の歯への悪影響です。歯はそれぞれが支えあっています。歯がなくなると支えるものがなくなって土台が弱い状態になります。インプラントは歯が入る状態にできるので支える機能が復活するわけです。従って、他の歯を長持ちさせることができます。
また、是非とも付け加えたいことは顎の骨への影響です。最近、テレビ番組でも特集されてますが骨は適当な刺激がないとやせてきます。顎の骨も例外ではなく歯がなくなることにより刺激が少なくなることで骨がやせてくるのです!こわいですよね。その結果、実年齢より老けてみえるとか様々な悪影響がでます。この実際に歯が入っている状態にできるのはインプラント治療しかありません。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる